121015実技試験

理学療法科
10 /15 2012
すごしやすい季節になりました~
すがすがしい朝に気分も
だんだんと木々が色づいてきましたし
紅葉の見ごろはもう間なくですねぇ

さて、本日は理学療法科1年生の様子をお伝えします。
月曜日の1限目、今日は「理学療法評価演習」という科目の実技試験です。
理学療法士の仕事には、適切なリハビリテーションを行うため
患者様を「評価」するという項目があります。
リハビリを必要とする患者様の身体がどのくらいまで動くのか、
さまざまな手技・測定機器を使用して現状を把握します。
たくさんの情報を得ることによって、
より効果的なリハビリテーションを行うことができるんですね

試験は「こんな状態の患者様だったら
どのような方法で身体の動きを測定したらいいでしょう」といった
仮定の状況で行われます。
今回の試験では、その仮定があらかじめ20パターンほど用意されていて
学生さん自身がクジを引いて課題を決定します。

121016 05

コチラが運命のクジ

121016 01

クジ引きによって与えられた課題に沿って、
先生からさまざまな質問が飛んできます。
それに対して学生さんも一生懸命に答えています・・・が、
緊張のせいかちょっと小声に。。
がんばって~~

121016 02

口頭での回答を終えると、次は実際に測定へ。
今回、患者様役は本校の先生方が体を張って(?!)受けてくれています。

121016 03

7分以内に2つの課題をこなすとも今回の試験のポイントです。
正確な評価をすることと時間との闘い
う~ん、理学療法士への道は容易ではありませんね
日々の積み重ねが大切です。
学生のみなさん、引き続き頑張ってくださ~い



aoimedical

学校法人 葵学園
葵メディカルアカデミー
埼玉県深谷市
歯科衛生科・理学療法科3年制