121120Automated External Defibrillator

未分類
11 /20 2012
今日の話題はAED(自動体外式除細動器)について。

AED-2100.jpg

タイトルにあるように正式にはutomated xternal efibrillatorと表記します。
メーカーによって若干見た目は異なりますが
みなさんも学校や職場、外出先などでご覧になったことありますよね。

IMG_1794.jpg

こんな風に設置されていたり、

1201.jpg

自動販売機とドッキングになっていたりいろいろ。

ご存知かと思いますが、念のためAEDの機能について簡単にご紹介します。

AEDとは・・・
 国内で非常に多い心臓突然死、その中で特に多いのが
 心室細動(心臓の痙攣)によるもので、
 発生した場合は早期の除細動(痙攣を止めること)が救命の鍵となります。
 AEDとは電源を入れ、音声指示に従うことにより、
 コンピューターによって自動的に心電図を解析し、
 除細動の要否を音声で知らせ、
 必要な場合には電気ショックにより除細動を行うことができる機器です。

                   (日本赤十字社HPより)

厚生労働省の研究機関によると、平成23年12月現在、
わが国には38万3,247台のAEDが設置されているということです。
その内訳は医療機関が75,076台、消防機関が11,076台、
その他を公共施設など一般市民が使用できるAEDとすると、
約29万7千台になります。

AEDは初めての人でも簡単に使えるように設計されています。
機種によって仕様の違いはありますが
ボタンを押す、あるいはフタを開けるなどすると電源が入り、
音声ガイダンスに沿って使用するだけです。

・・・
言うのは簡単なんですけどね。
いざっていう時が肝心なわけで。
何気なく過ごしているとき、急に目の前に倒れている人が現れたとして。
的確な行動、救命措置が取れるかどうか。
・・・
心室細動を起こした場合、1分経過するごとに約10%、
助かる確率が減っていくといわれています。
これだけ身近に普及しているAED。
もしもの時のために、各市町村の消防本部等で実施する
救命講習会などで使用方法を習得しておけるといいですね。


aoimedical

学校法人 葵学園
葵メディカルアカデミー
埼玉県深谷市
歯科衛生科・理学療法科3年制